妊娠中の鉄剤服用【フェロミア】

妊娠中にはお腹の中の胎児に栄養を優先的に与えるために、母体の水分量や血液量が増えます。
栄養を送ってしまうので、母体は残った少ない栄養で栄養を保とうと頑張ります。
体の中をフル稼働で巡るために、一時的に血液は薄まった状態となり、貧血状態となります。

なので妊娠中は特に貧血に気を付けなければならないのです。
ですから薬で優先的に血液を作るお手伝いをしなくてはなりません。
それが鉄剤の役割です。

フェロミアは産院ではどこでも処方される一番ベーシックな鉄剤です。
鉄剤はビタミンと一緒に摂るとより効果が増します。
本当は食事で一緒にビタミンと補えられればそれが一番理想的なのですが、妊娠中は食事を毎食毎食バランスよく摂るのはとても難しいです。

そんな時こそ一日三回毎食後に服用します。
鉄剤は空腹のときに飲むと胃を痛めます。
なのでなにかしらお腹に入れてから飲むと良いのです。
空腹で飲んだために胃を悪くし、また胃薬を飲まなくてはならなくなる人も居るほどです。

また、鉄剤はなかなか副作用が強いというデメリットもあります。
中でも一番よく出やすいのは胸がむかむかする、吐き気等です。
これは一番厄介でした。

私は特に妊娠中という特殊な時期だったので、つわりなどでご飯はうまく食べられない、夕方になると気持ち悪くなる、など色々な症状に悩まされている時でした。
なのでフェロミアの副作用は恐怖でした。

そういう時は特に空腹だけは絶対に避けて、何か一口だけでもお腹に入れてから服用していました。
すると比較的吐き気は感じにくくなった気がしました。
ご飯を少しお腹に入れて、少し時間をおいてきちんと消化してお腹まで行ったかな、という頃飲むようにしていました。

インフォメーション

  • たとえば、自己破産は借金がすべて消えますが、財産の処分をしなくてはならないというデメリットもあります。あなたに合った借金問題の解決法を債務整理 和歌山が提案致します。和歌山中心に全国対応致します。
  • 人にはなかなか言いづらいシビアな問題ですが専門家に相談することで一歩前へ前進します。借金問題でお困りなら債務整理埼玉をぜひ、ご利用ください。全国対応可

注意点

ただ鉄剤の摂りすぎには気を付けてください。
鉄分は体にとても必要な栄養素ですが、過剰摂取になると体の消化機能にも負荷をかけます。
それを知らずに私は以前鉄剤ではなく、市販のサプリメントを過剰摂取してしまったことがありました。

なんだか体がだるいな、胃が痛むような気がする、と思っていたら過剰服用の注意を読みました。
市販のサプリメントと病院で処方される鉄剤では、鉄分の含有量が桁違いに違うので、気を付けないといけません。
これで処方された鉄剤を過剰服用していたら、と思うとぞっとしました。
体を健康に保つお手伝いをする薬が、逆に体を攻撃することもあるのです。

口コミの内容は個人の感想ですので、薬の効き目を保証する内容ではありません

おすすめ情報サイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ