カードローンというのは極度方式というもので

カードローンというのは、どんな貸し方をしているのか、といいますとこれを極度方式といいます。

いくらまでならば貸す、ということを限度として決めて、その範囲内であれば何度でも貸す、というのが極度方式です。
貸すたびに審査をしていますとさすがに面倒なのでそれをかなり簡略化している、ということです。
これが極度方式貸付と呼ばれるやり方です。

但し、数ヶ月に一回見直しはされています。それが通告されこともありますし、されないこともあります。される場合でもよいこともあるのです。例えば限度額を高くすることができるのですが、どうでしょうか、というような通告です。

これに応じることによって、増やすことができるようになります。もちろん、ATMを使っていますと増額申請しますか、などのことが表示されることもあります。そのときに拒否をすれば勝手に増えることはありませんから、これは安心してよいでしょう。カードローンというのは、カードを使うからそう呼ばれているわけですが、最近ではこのサイトをご覧頂ければ分かるようにWEBでの申込みなどもできるようになっています。

必ずしもカード使うとは限らなくなっている、というのは確かではあるのですがまずは大事になるのはそもそも審査に通るのか、ということでしょう。
審査はどんなことから判断されるのか、といえばまずは収入です。収入の多寡によって決まることになります。そし、後はどこからどの程度借金をしているのか、ということによっても決まります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ