銀行の借金の場合は任意整理で減額されるのか

任意整理では、様々な会社が対象になります。一般的には消費者金融が対象になるのですが、人によっては銀行カードローンなども検討しています。果たしてそれは整理可能か否かという問題が、浮上する事もあるのです。

銀行の場合は、基本的には難しいと考えておく方が良いでしょう。他の手続きは可能ですが、基本的には任意整理は難しくなります。
そもそも任意整理の一番の目的は、払い過ぎた分を減額してもらう事です。ですから金融会社の金利が高すぎることが前提になります。

ところが銀行による借金の場合は、金利が高すぎるという事は、原則ありません。なぜなら法律通りになっているからです。
そもそも銀行としては、法廷の金利の範囲内になるよう、最大の配慮を行っています。ルール通りの金利なのですから、任意整理を行っても減額される確率は極めて低いと考えて良いでしょう。

では銀行の場合は整理手続きを諦めるべきかと言うと、そうとは断言できない一面もあるのです。なぜなら自己破産という手段もあるでしょう。破産をすれば、たとえ銀行による借金でもゼロ円にする事ができます。
実際に私の知り合いにも銀行に借金のある状況で住んでいる静岡債務整理の事務所を利用して自己破産を行って、借金を0円にした方がいます。
しかし任意整理の場合は、銀行は少々難しいと考えておく方が良いです。
このように債務整理が可能になるかどうかは、それこそ状況次第と言えます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ