ソファ。

一年ほど前に、ソファを買いました。
それまで使っていた、お気に入りの白いソファは、座面の皮の部分がボロボロになってしまい、座るたびにそのボロボロがお尻につくようになってしまったのです。
カバーをかけてしばらくは使っていたのですが、専用のカバーではなかったため、毎回ずれてしまい、ずれると余計にボロボロが出てきてしまい、もう嫌になって新調したのです。

新しいソファは、20,000円くらいの安いやつで、色は茶色、ソファの下に引出しが二つ付いていて、大きい引出しではないけど、下着などあまり深く入り込むと逆に厄介なものなどを入れるのにちょうどいいサイズだったので、そのソファにしました。
新品はすごく座りやすく、ちょっとスプリングがかためだけど、腰に負担がかからなそうで、すごくいいなぁって思っていたんです。
引出しも重宝していて、このソファにして本当に良かったと思っていました。

ところがです。
使い始めて半年もたたないうちに、座面の縫い目のところからどんどん破けてきてしまいました。
「いやいや早くないか!?」と、なんとも笑えない状況で、今では縫い目からスプリングが丸出しになってしまい、とうとう引出しの方までなかのスポンジのようなもののクズがこぼれ出て行ってしまう始末。
もう本当に悲しいです。

以前のソファは、それでも座ることはできたし、何年も使っていました。
それが、今のソファはもう座れません。スプリングが痛くて座ってなんかいられません。
やっぱり質と値段は比例するのでしょうか。
にしても1年も持たないなんて…。
なんだかまた新しいソファ買わなきゃいけないのかと思うと、ものすごく億劫です。
あぁ悲しい…。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ